徳島大学 工学部機械工学科 大学院ソシオテクノサイエンス研究部 安井研究室

English

現在のアクセス

News&Topics

2021/1/1

【広報】蛍光デュアル光コム顕微鏡の論文が、Science Advancesで公開されました(宇都宮大学との共同研究)。
研究室初のScience冠の論文です!
誰でも分かる測定原理マンガこちら
プレス発表を行いました。 【徳島大】【宇都宮大】【JST
国内プレス掲載 【日経新聞】【読売新聞オンライン】【朝日新聞デジタル&M】【徳島新聞WEB】【日本の研究.com
海外プレス掲載【ニュース】【Blogs】【Twitter


2020/11/20 URA(リサーチ・アドミニストレーター@産学連携)を募集中(2021/1/8〆切)。JREC-INはこちら
2020/11/20 特任研究員を募集中(2021/1/8〆切)。JREC-INはこちら
2020/11/19

【イベント】アルバムページに、研究室集合写真(2020年度)with pLEDを追加しました。

2020/11/14

徳島大学公開シンポジウム 「SDGsの達成に向けて」で、「目に見えない光で切り拓く"光の世紀"」に関する講演を行いました。


2020/11/2 【広報】【学生】第2高調波発生光(SHG)顕微鏡を用いたコラーゲン計測が、朝日新聞キャンパス探訪問で紹介されました。
朝日新聞2020/11/2】【朝日新聞WEB版2020/11/2
2020/10/27 【広報】深紫外LEDを用いた新型コロナウイルス不活化に関して、プレス発表を行いました(徳島大学大学院医歯薬学研究部とポストLEDフォトニクス研究所の共同研究)。
 【徳島大】 【徳島大記者会見動画】【徳島新聞2020/10/28】 【朝日新聞WEB版2020/10/28

2020/8/9 【学生】今年3月に博士前期課程を修了した学生3名が、日本学生支援機構の大学院第一種奨学金において、特に優れた業績による返還免除の認定を受けました。
2020/7/29 デュアル光コムファイバーレーザーを用いたアダプティブ・サンプリング式デュアルTHzコム分光法の論文が、Advanced PhotonicsのTop 10 Most Viewed Paperにランキングされました。
2020/7/17 【予算】令和2年度徳島県地方大学・地域産業創生事業補助金に採択されました。
『Beyond 5Gに向けたオール光型テラヘルツ通信技術の開発と応用』
安井武史、久世直也、時実悠、岡村康弘、岸川博紀、吉田浩子
2020/7/1 水野 孝彦特任助教(pLED所属)がアンリツ(株)に異動しました。
2020/6/29 【予算】2020年度徳島大学研究クラスター【重点クラスター】に採択されました。
『Beyond5Gに向けたオール光型テラヘルツ無線通信技術の開発』
安井武史, 久世直也, 時実 悠, 吉田 浩子, 岸川 博紀, 岡村 康弘
2020/6/1 【予算】【広報】AMED(国立研究開発法人日本医療研究開発機構)ウイルス等感染症対策技術開発事業(実証・改良研究支援)に、以下の研究課題が採択されました。
研究開発課題名:新型コロナウイルスの RNA/抗原を標的とした新規診断機器の開発
代表機関:徳島大学   代表研究者:安井 武史
プレス発表を行いました。 【徳島大】【日経新聞WEB版2020/6/11】【徳島新聞WEB版2020/6/30
2020/5/27

【広報】デュアル光コムファイバーレーザーを用いたアダプティブ・サンプリング式デュアルTHzコム分光法の論文が、Advanced Photonicsで公開されました(北京航空航天大学、仏リトラル・コート・ド・パール大学との共同研究)。

プレス発表を行いました。 【徳島大】 【JST】 【日経新聞WEB版2020/5/27】【SPIE NEWS】【AP Publication Highlights

Advanced Photonics, Vol. 2, Issue 3カバーイメージに選ばれました!


2020/4/2 【学生】西本 健司君(M1)が、NEC C&C財団の2020年度前期国際会議論文発表者助成に決定しました。
2020/4/1 【学生】以下の2名が、日本学術振興会の特別研究員に採用されました。
D2:麻植 凌(特別研究員DC2
D1:是澤 秀紀(特別研究員DC1
2020/4/1 【学生】以下の13名が、研究室メンバーに加わりました。
技術補佐員:村上 朝香
安井班:岡田 昇太、貞廣 知輝、山口 哲功、吉川 珠希(医)、李 雅希(医)
南川班:國府 駿平、西田 慎吾、堀 広志郎、吉川 大晴、伊藤 章紘(医)、宮本 賢三(医)、茂木 勝矢(医)
2020/3/31 【学生】以下のメンバーが研究室を巣立ちました。
M2:塩見 涼介君(マルハニチロ)、津田 卓哉君(川崎重工)、中野 祥汰君(ノリタケ伊勢電子)
B4:江尻 輝二君(テクノプロ・デザイン)、服部 力丸君(玉機プラントテックス)
2020/3/8 【受賞】【学生】学生3名が表彰されました。
是澤秀紀君(M2):康楽賞(授賞式受賞者リスト記念撮影受賞コメント)是澤2冠目!
津田卓哉君(M2):日亜賞(受賞コメント)津田3冠目!
新田 一樹君(M2):徳島大学工学部教育研究助成奨学賞(受賞コメント)新田初受賞!
2018/5/19

デュアルコム顕微鏡の論文が、Opticaで公開されました(宇都宮大、電通大との共同研究)。

プレス発表を行いました。 【徳島大】 【JST】   【日経新聞WEB版2018/5/17

2017/9/20 デュアルコム分光エリプソメトリーの論文が、Nature Communicationsで公開されました(産総研との共同研究)。
研究室初のNature冠の論文です!  プレス発表はこちら。  記念ボトルはこちら

過去のトピックスはこちら

Recent Publication

Takeo Minamikawa, Takaaki Koma, Akihiro Suzuki, Takahiko Mizuno, Kentaro Nagamatsu, Hideaki Arimochi, Koichiro Tsuchiya, Kaoru Matsuoka, Takeshi Yasui, Koji Yasutomo, and Masako Nomaguchi, "Quantitative evaluation of SARS-CoV-2 inactivation using a deep ultraviolet light-emitting diode", Sci. Rep., in press (2021).
Yu Tokizane, Hikaru Ejiri, Takeo Minamikawa, Safumi Suzuki, Masahiro Asada, and Takeshi Yasui, "Hybrid optical imaging with near-infrared, mid-infrared, and terahertz wavelengths for non-destructive inspection," Appl. Opt., in press (2021).
Takahiko Mizuno, Yoshiaki Nakajima, Yuya Hata, Takuya Tsuda, Akifumi Asahara, Takashi Kato, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui, and Kaoru Minoshima, "Computationally image-corrected dual-comb microscopy with a free-running single-cavity dual-comb fiber laser," Optics Express, Vol. 29, Issue 4, pp. 5018-5032 (2021). ; arXiv:2007.12800 (2020).

Takahiko Mizuno, Eiji Hase, Takeo Minamikawa, Yu Tokizane, Ryo Oe, Hidenori Koresawa, Hirotsugu Yamamoto, and Takeshi Yasui, "Full-field fluorescence lifetime dual-comb microscopy using spectral mapping and frequency multiplexing of dual-comb optical beats," Science Advances, Vol. 7, No. 1, art. eabd2102(2021). ; arXiv:2003.09500 (2020).

Keita Hoshi, Yohei Sanagawa, Ryuta Umebayashi, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Eiji Hase, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui, Yasushi Yoshida, Keiji Minagawa, Yasuhiko Kawamura, Yasushi Imada, and Fumitoshi Yagishita, "Synthesis and Optical Property of Quadrupolar Pyridinium Salt and Its Application as Bioimaging Agent," Chem. Lett., Vol.49, No.12, pp. 1487-1489 (2020).
Eiji Hase, Hiroki Takanari, Keita Hoshi, Masaki Okamoto, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui, Yasushi Yoshida, Keiji Minagawa, Yasuhiko Kawamura, Yasushi Imada, and Fumitoshi Yagishita, "Two- and three-photon excitable quaternized imidazo[1,2-a]pyridines for mitochondrial imaging and potent cancer therapy agent," Org. Biomol. Chem., Vol. 18, No. 38, pp. 7571-7576 (2020).
K. Nishimoto, K. Minoshima, T. Yasui, and N. Kuse, "Generation of a microresonator soliton comb via current modulation of a DFB laser," OSA Continuum, Vol. 3, Issue 11, pp. 3218-3224 (2020) (2020).
Takeo Minamikawa, Mayuko Ichimura-Shimizu, Hiroki Takanari, Yuki Morimoto, Ryosuke Shiomi, Hiroki Tanioka, Eiji Hase, Takeshi Yasui, and Koichi Tsuneyama, "Molecular imaging analysis of microvesicular and macrovesicular lipid droplets in non-alcoholic fatty liver disease by Raman microscopy," Sci. Rep., Vol. 10, 18548 (2020).
Hidenori Koresawa, Marc Gouryeb, Kyuki Shibuya, Takahiko Mizuno, Eiji Hase, Yu Tokizane, Ryo Oe, Takeo Minamikawa, and Takeshi Yasui, "Dynamic characterization of polarization property in liquid-crystal-on-silicon spatial light modulator using dual-comb spectroscopic polarimetry," Opt. Express 28(16), 23584-23593 (2020).
Kenji Nishimoto, Kaoru Minoshima, Takeshi Yasui, and Naoya Kuse, "Investigation of the phase noise of a microresonator soliton comb," Opt. Express 28(13), 19295-19303 (2020).
Takahiko Mizuno, Takuya Tsuda, Eiji Hase, Yu Tokizane, Ryo Oe, Hidenori Koresawa, Hirotsugu Yamamoto, Takeo Minamikawa, and Takeshi Yasu,"Optical image amplification in dual-comb microscopy," Sci. Rep., 10, art. 8338 (2020); arXiv:2001.07279 (2019).

Cover PictureJie Chen, Kazuki Nitta, Xin Zhao, Takahiko Mizuno, Takeo Minamikawa, Francis Hindle, Zheng Zheng, and Takeshi Yasui,"Adaptive-sampling near-Doppler-limited terahertz dual-comb spectroscopy with a free-running single-cavity fiber laser," Adv. Photon. Vol. 2, Issue 3, art. 036004 (2020); arXiv:1908.01764 (2019).


過去の論文はこちら

Upcoming Presentation

SPIE Photonics West 2021 (2021/3/6-11, online)
【11671-15】H. Koresawa et al., "Dual-comb spectroscopic polarimetry for dynamic characterization of polarization property"
【11635-15】R. Oe et al., "Temperature-compensated refractive index measurement used dual optical frequency comb with intracavity multimode-interference sensor"
【11635-18】T. Nakahara, R. Oe, T. Minamikawa, S. Taue, T. Kajisa, T. Yasui, "Fiber biosensor based on a combination of refractive-index-sensing optical comb with chemical surface modification"
  8th International Workshop on Far-Infrared Technologies (IW-FIRT2021) (2021/3/8-9 online)
【Invited Talk】T. Yasui, "THz dual-comb spectroscopy using a free-running single- cavity wavelength-multiplexed mode-locked fiber laser"

日本生体医工学会 専門別研究会 生体画像と医用人工知能研究会 第3回研究会若手発表会 (2021/3/10, オンライン)吉川 珠希, 長谷栄治, 鈴木昭浩, 越智ありさ, 安部秀斉, 安井武史, "AGE(終末糖化産物)による真皮コラーゲン繊維構造変化のSHG(第二高調波発生光)イメージング`

第68回応用物理学会春季学術講演会 (2021/3/16-19, オンライン).
【16a-P07-3】向島他、『深層学習を援用したシングルピクセルイメージングにおけるマスクパターン数削減』
【16a-Z08-10】大谷他、『透過型光コム分光顕微鏡の開発』, 第68回応用物理学会春季学術講演会,
【16a-Z08-11】是澤他、『デュアルコム分光ジョーンズ行列偏光計』
【注目講演】【16p-Z22-13 】加治佐他、『SARS-CoV-2由来RNAの高感度検出に向けたプラズモニックバイオセンサ』
【16p-Z22-12】細山田他、『近赤外光源を用いた高感度SPRバイオセンサの構築』
【17a-Z08-10】仲原他、『屈折率センシング光コムを用いたバイオセンシングに関する検討(3) ~アビジン/ビオチン抗体抗原反応の検出~』
【19a-Z04-7】鈴木他、『偏光分解SHG顕微鏡を用いたケロイド異常産生コラーゲン線維の定量評価』
【19a-Z04-8】堀他、『ラマン分光法とSVMを組み合わせた末梢神経の選択的判別と判別根拠の推定』
【19a-Z04-9】谷岡他、『非アルコール性脂肪性肝炎診断に対するラマン顕微鏡法の適用可能性の検証計』

過去の招待講演はこちら  過去の国際会議はこちら  過去の国内学会はこちら

Welcome Visitors

2020/10/30 NTTエレクトロニクステクノ石橋忠夫様、NTTエレクトロニクス清水誠様(講演)
2020/10/20 阪大名誉教授・荒木勉先生(特別講義)
2020/7/13 KRI 堀常務執行役員、藤井部長(研究打合せ、実験室見学)
2020/7/6 PHC 森本社長、ご一行(研究打合せ、実験室見学)
過去の訪問者はこちら

 

Funding & Grants

地方大学・地域産業創生交付金(内閣府)

徳島県「次世代”光”創出応用による産業振興・若者雇用創出計画」
中心研究者:安井 武史、高山哲治

徳島大学WEB】【次世代ひかりトクシマ】【ポストLEDフォトニクス研究所

令和2年度徳島県地方大学・地域産業創生事業補助金

『Beyond 5Gに向けたオール光型テラヘルツ通信技術の開発と応用』

安井武史、久世直也、時実悠、岡村康弘、岸川博紀、吉田浩子

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED))ウイルス等感染症対策技術開発事業(実証・改良研究支援)
新型コロナウイルスの RNA/抗原を標的とした新規診断機器の開発
(研究総括:安井 武史、令和2年度)

科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業・個人型型研究(さきがけ)
「光の極限制御・積極利用と新分野開拓」(研究総括:植田憲一 電通大名誉教授)
『極限的分子感度・空間分解能・時間分解能を有する分子イメージング法の創出(平成29-31年度)』
南川 丈夫

基盤研究(A)/2019-2021年度
「デュアル光コム顕微鏡の開発~光コムは共焦点顕微鏡に革新的進展をもたらすか?~」
安井 武史, 長谷 栄治, 南川 丈夫, 山本 裕紹

挑戦的研究(萌芽)/2019-2020年度
「因果関係に基づいたラマン分光学的組織判別法の創出」
南川 丈夫, 安井 武史

基盤研究(B)/2018-2020年度
「光コム顕微鏡を用いた非侵襲生体イメージング法の創出」
南川 丈夫, 浅原 彰文, 安井 武史


過去の研究予算はこちら

Fun Events

   
過去のイベントはこちら

 

Contact us

ホームページのご意見・ご希望はyasui*までお願いします。
*メールアドレスの末尾には
ドメイン"@femto.me.tokushima-u.ac.jp"を付加してください。
研究室アクセスはこちら

Page Top